[無印良品]引き出し収納で苦手な薬収納もスッキリ解決!

こんにちは、シオです。

  • 薬を収納するのってどんな収納が良いの?
  • 薬の収納って油断するとついごちゃごちゃになってしまう
  • 薬ってどうすればスッキリ収納できるの?

そんな風に悩んでいる方も多いはず。

shio

実は私も以前は同じように薬の収納で悩んでいました。

だけど無印良品のポリプロピレンケースを使った収納で以前よりもスッキリまとまって、すぐにぐちゃぐちゃにならない収納に改善する事ができました。

今回は無印良品のポリプロピレンケースを使った薬収納方法をご紹介します。

片付けが苦手でもしまいやすく、スッキリと収納できるようになります

目次

薬収納に最適。無印ポリプロピレンケース

使っているのは無印のこの商品です

ポリプロピレンケース・引出式・浅型・2個(仕切付) 消費税込 1,190 円

ホワイトグレー  約幅26×奥行37×高さ12cm

中に仕切りが入っていて自分の好みの幅に調整することができます。

家にある薬のサイズ、丁度に合わせられるのが嬉しいですね

こんな風に収納しています

絆創膏や綿棒、小分けの目薬は箱からは出してそのまま収納しています。

よく使うものは箱から出して収納する方がすぐに取り出せるのでストレスがかかりません。

引き出しの場合、よく使うものを手前に入れておくとすぐに出せて便利です

逆に、たまにしか使わない風邪薬や頭痛薬などは箱に入れ収納。

バラバラだと、どれどれか分かりにくく、形が不揃いになり、ごちゃごちゃになりやすいからです。

似たようなものが多い風邪薬は箱ごと収納しています

スッキリ片付く薬の収納のコツは3つ

散らからないために、こんなことに気をつけて収納しています。

仕切りを使って分類する

使ったら定位置に戻せるように、ある程度、仕切りを使って用途ごとに分けます

薬は不揃いなものも多いので仕切りがないと、どこにしまえば良いのかわからなくなって適当にしまうからです。

shio

適当にしまった結果、定位置に戻せずに散らかってしまいます。

取り出しやすく、戻しやすい場所収納にする

出来るだけ自分や家族が使いやすい場所に収納して、片付けやすい収納の仕方にするのもポイント!

片付けは面倒くさいものなので使い勝手が良くないとすぐにその辺に置いてしまって元の場所に戻せないので。

しまいやすい場所の例

・普段からいつも飲んでいる常備薬はキッチンの近くに。(水と一緒に飲むので)
・塗り薬や保湿剤は洗面所に(お風呂上がりにすぐに塗れるように)
・絆創膏や消毒液、風邪薬などはまとめてリビングや収納棚に (普段長くいる場所での収納がおすすめ

などなど

普段の自分の行動を思い出して、どこが最適な場所か考えてみてください

取り出しやすい収納は引き出し式放り込み式

引き出し式は1アクションで取り出せるのでおすすめ♪

引き出し式だと、上に他の収納用品を置く事もでき、スペースを有効活用できます

こんなのも使いやすそう!

小分けの収納容器に放り込むだけ収納(笑)

飲み薬はキッチンの棚の引き出しに入れています。

スリーコインズの収納容器で小分けに収納

この収納もぱっと取り出せ、さっとしまえます。

shio

ただし1つの収納に入れるのは1、2種類までがベスト
それ以上だとすぐまた、ごちゃごちゃします

収納スペース以上のものを持ちすぎない

薬は油断するとついつい増えがち

スペースに入りきらないと無理やりに詰め込んで何が何だか分からなくなります。

定期的に薬を見直して使用期限の切れたものや使っていないものなどは捨てるべき。

収納スペースに対して適量のものを収納するのが基本です。

ごちゃついてきたなーって時が捨てるタイミング!

まとめ

片付けが苦手な人でもできる散らかりにくい収納のポイントは、

”使ったら戻す”という片付けの基本をいかに簡単にするか

理由は、戻しにくい状態であれば面倒くさくて、つい適当に片付けるからです。

その結果すぐに散らかってしまいます。

そのようにならないために気をつけることはこちら

・戻す場所を仕切りで区切って定位置を決める
・戻しやすい場所に収納する
・余計なものは手放し、スペースに余裕を持たせる

片付けのハードルが下がって散らかりにくいです

無印のポリプロリピレンケースは形違いで色んな種類があるので統一感のある収納が

出来て、”見た目もスッキリ” 気持ち良いですよ♪

まさにシンプルライフにぴったりな収納です

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる