[シンプルライフ]お気に入りの食器で暮らしを楽しむ

こんにちは。

シンプルライフに憧れる主婦shioです。

みなさんは日々食事に使用する食器はどんなものをお使いですか??

・食べれたら良いのでなんでも良い。
・安くて可愛いものがたくさんある100均で買っている。
・特にこだわりはない、貰い物も多い

私の周りを見渡しても意外と食器にこだわっている方は少ないように思います。

でも毎日使う食器こそ、お気に入りのもので揃えると暮らしの充実具合もぐんとアップします。

スーパーで買ってきたお惣菜でもお気に入りの、素敵な器に盛るだけで映える食卓に。

おしゃれなお店で買った焼き菓子も素敵な器に入れると、家でもちょっとしたカフェ気分を味わえたり♪

お気に入りの器ひとつで、ふだんの食事がいつもより何倍も楽しめます。

何より私は、食器棚の中を覗くたびに気に入った食器たちが並んでいる姿を見ると幸せな気持ちになります。

目次

上質な器が暮らしの満足度を上げる

今は100均でも手軽に可愛い食器が買えるようになりました。

だけど暮らしの質を上げてシンプルライフを送りたいという方に私がお勧めするのは、

少しだけ背伸びして良い器を買ってみる。ということです

良いものは良い! それをすごく感やすいのが食器だと思うんです。

100均のものは壊れやすかったり、やっぱりどうしても質感がチープだったり。質感や色合い、使い心地はしっかりとお金を出して買った器には勝りません。

使い勝手の良さだったり、手仕事の温もりだったり、見た目の佇まいであったり。

日々使うものだからこそ、お気に入りの上質なものを使う方が暮らしの満足度、上がりませんか??

何より壊れやすいものだからこそ、物を大切にする気持ちを持つことが出来ます。

でも、良い器ってどんなの?

器の選び方なんて良く分からない?

という方に、私が普段使っている器の中で、オススメの器を紹介します。

シンプルライフにおすすめの食器

イッタラ ティーマシリーズ

普段、作家物の、手作りの温もりのある器が好きなのですが、作家さんの器はどうしてもお手入れや取り扱いが難しいものもあったりします。

そんな時、つい手に取ってしまう器がiittalaのティーマシリーズです。

iittala(イッタラ)とは?

1981年、フィンランド・イッタラ村の小さなガラス工場として創業。
現代においては、独特な個性を放ちながらも生活の中に溶け込み、使いやすいもの、決して飽きのこない物を生み出すテーブルウェアメーカーとしてあります。

そんなiittalaの人気シリーズなのが”ティーマ”です

iittala HP

ティーマのここが良い!

  • カラーバリエーションが豊富。
  • サイズが豊富 プレート15cm、17cm、21cm、26cm ボウル15cm、21cm
  • スタッキングができる
  • 食洗機、電子レンジ対応
  • どんな料理にも合わせられる。
  • オーブンにもかけられる

私はカップアンドソーサーを持ってるのですが、

ソーサーは15cmで取り皿に丁度いい大きさで、我が家では取り皿としても活躍しています。

スタッキングができて食器棚にも無駄なく納められます。

プレートを重ねて手に取った時のフィット感がなんとも心地良くて幸せな気持ちにしてくれるんです。

スタッキングできるのサイコー!

カップは程よく厚みがあり、持ちやすくて、飲み物を飲む際の口あたりもとても良いです。

おすすめカラーはシンプルにホワイトです。

ホワイトは何にでも合わせやすく、飽きのこない万能なカラーです。

カラーに迷われたら、まずは定番のホワイトが間違い無いと思います。

リーズナブルな白い器と一緒の食卓に置いても、このティーマはなんか違うんです。

料理が映える。

この差は一体ナニ!?

比較してみたのですがティーマの方は白色といっても微妙に黄味がかった白色。

それが料理の映えるポイントなのではないかと感じます。

ティーマのプレートは縁が直線的に立ち上がった形なので野暮ったさが全くなくて、スタイリッシュ。

なのにどこかぽってりとしていて温もりもある。

スプーンの運びもスムーズなので、我が家の息子たちの子供用食器としても活躍しています。

1616/arita japan TYパレスプレート

1616/arita japanとは?

1616年、陶祖、李参平によって日本で初めて陶磁器が作られたとされる、佐賀県有田で、クリエイティブデイレクターの柳原照広氏と有田焼の総合商社”百田桃園”が手がける、陶磁器ブランド。従来の有田焼のイメージとは全く異なる、磁器本来の白さと、シンプルでモダンなデザインを追求しています。

1616/arita japan HP

友達が出産祝いの内祝いとして贈ってくれた、TYパレスプレート

箱から開けた時に思わず、「かわいいっ」と叫んでしまいました。

そのくらい素敵な器です。

このTYパレスプレートは日本の名門『パレスホテル東京』のために作られたシリーズ。

菊の花びらを模した形、青みがかった白色が、可憐で繊細な印象です。

普段の何気ない料理もこれに入れて盛ると、特別な料理にでもなったかのようで

気分もめちゃくちゃ上がります!!

それでいて食洗機、電子レンジ対応という使い勝手の良さ!

使い勝手が良いと家事もスムーズにはかどりますね。

こんなに繊細なのに食洗機いけるとか、嬉しい〜

ただ、やっぱり、プレートの縁が薄くて繊細なので扱いには少し注意しないと端が欠けてしまいやすいですね。

そこさえ気をつければすごくオススメです。

私がもらったように、贈り物ギフトにしても喜ばれるのではないかな?と思います。

パラスプレート以外にもスクエアタイプもあるので揃えたいなぁぁ。

作家さんの器

こちらは上記の器に比べてもさらにお値段のするものもあるのですが

一点一点手作りで作られた、手仕事の器は格段に日々の暮らしを上質なものにしてくれると感じています。

なかなか手に入りにくい作家さんのものなど、個展があれば並んで待って、一つ一つじっくり選んで買ったもの。

どれもこれも買った時のシチュエーションをはっきりと思い出せるくらい思い出深い器たちです。

日々の食事に使うとき、いつもは雑な私もこれらの器を使うときは丁寧に、大切に使わせてもらっています。

陶器は特に、使用した後はしっかり乾燥しないといけない。

目止めと言って使い始めに水に浸さないといけない。など多少扱い、お手入れが大変なこともあります。

それでも作家さんの器は日々の何気ない生活に華を与えてくれる存在だと思います。

あと、作家さんごとに様々な作風の器があるので、

お気に入りの作家さんを見つけて少しづつ買い集めていくのも楽しいですね!

私も器に関してはあまり増やさないようには気をつけていますがつい、何か特別な時のご褒美などにお迎えしています。それも楽しみの一つとして。

たかが食器、されど食器

食器にお金をかけるなんて、勿体無い。

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

だけど、食事は生活する上で欠かせないもの。

お気に入りの食器に盛った料理を家族みんなで囲む。

食事の時間が少しでも楽しいものになるように 

家族の団欒のひと時が特別なものになるように 

お気に入りの食器を使うことでそんなささやかな願いが叶えられる気がするんです。

気分が沈んだ日も、お気に入りのマグで飲むコーヒーはやっぱり美味しかったり。

金額的には可愛いものではないので、なかなか全部が全部を揃えるのは無理かもしれませんが、まずは、

自分が朝、コーヒーを飲むマグカップを、パンを食べる時のプレートを。

今よりちょっと上質な、お気に入りの器に変えてみませんか?

きっと暮らしの幸福度が上がり、充実したシンプルライフが送れるはずです♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる